ケガによる骨格の歪みが新たな不調を引き起こす

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は雨。台風の影響で風もかなり強く吹いています。

先日のお客様、腕の怪我をされてから、腕や肩を内旋させると痛みが和らぐので、その体勢でいることが多く、姿勢が丸くなってしまい、肩周りが常に重だるいことがお悩みとおっしゃっていました。

骨格ドックで検査をすると、上腕骨頭から上腕骨にかけだいぶ内旋傾向にありました。上腕骨頭や肩甲骨の骨格調整が怪我の箇所に支障がないことを確認した上で調整すると、内側に転位していた上腕骨頭が元の状態に近づくことで内旋傾向が改善され、ご本人も体の変化を実感されていました。

お客様自身、痛みをかばうことで新たな不調の原因を生み出していたことをに気づき、症状を改善するために骨格を調整することの重要性を感じられていました。

腕や肩が内旋することで、肩や首の不調に影響することはもちろんのこと、猫背の体勢は呼吸が浅くなり、空気が体に十分入らず血流が悪くなり、肩こりなどの症状をより悪化させる原因の一つです。

▲骨を根本から復元する骨格整体

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました