スポーツ疲労にトレーナーのケアは大事。さらに運動を楽しむには、骨格から定期メンテナンスを!

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は、午前中は曇っていましたが、午後には雨模様となり、今夜の遅い時間には、台風15号の影響で本格的な雨となりそうです。

先日来店されたお客様、現在の趣味はゴルフ、以前はロードバイクやテニス等スポーツを楽しむことが多く、ところが、20年以上腰の不調を抱えているとおっしゃっていました。
骨格ドックの検査を行うと、腸骨が後ろに倒れ、骨の縁の部分がコリ固まっている箇所が数箇所ありました。

運動の習性によっては、同じ一方方向に体を捻る動作や、長時間前傾姿勢等の同じ体勢が続くことで、骨格の歪みを誘発することがたくさんあります。そのため、体を使った分のケアがとても重要になってきます。
以前に比べて、スポーツ選手の選手寿命が長くなったことは、専属トレーナーを付けている等して、体を気遣う選手が多くなったことが要因の一つと考えられます。

こちらのお客様も、施術後は、腰を左右に捻り動かしやすくなったと変化を実感されていました。
もちろん、凝り固まった箇所のみを取り除くケアにより体はスッキリしますが、本来であれば、定期的に全身をチェックして、元通りに体を復元することで、日常の中において、体を動かす際の快適さを実感して頂くことができます。
ぜひ、骨格ドックの全身検査と、根本の骨格の歪みから正す骨格整体をお試しください。

定期的に全身をチェックするにはこちら

▲全身チェックと骨格を正して快適な体づくり

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ

タイトルとURLをコピーしました