腰の不調と体のねじれ

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

先日のお客様、正面を向いてベットに腰をかけていただくと上半身が右側に捻れ右よりも左肩が前に出ている状態でした。

正面を向いて真っ直ぐ座っているつもりでも、左右差が出るということは体が歪んでいるサインです。

また、体を左右に捻って右には捻りやすいが左は捻りにくいと感じることも体の歪み。

特に骨盤や腰椎のねじれなどが影響しやすいこのような体の歪み、知らず知らずのうちにその周辺の筋肉に負担がかかり不調を引き起こす恐れがあります。

先程のお客様も、疲れがたまると左の腰あたりに不調を感じるとおっしゃっていました。骨格ドックで検査を行い、腸骨や骨盤の歪みを整えお体の状態を確認すると左右差のねじれも解消されお客様自身も体が軽いと変化を実感されていました。

初めての方におすすめ、骨格ドック

負担軽減には根本の骨格からのお手入れが有効です

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ

タイトルとURLをコピーしました