ゴルフのスイングで体を捻る股関節や長時間のデスクワークによる体への負担

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

骨格整体では、体の根本の骨を復元することで、健康な状態へと導くものですが、先日も骨格の歪みが顕著にあらわれ不調を引き起こしているお客様がいらっしゃいました。

右側のお尻部分の臀部、特に、お尻の中心にある骨格の仙骨から横に伸びるように痛みが広がっているとのことでした。お客様の動きや実際に痛みが強い箇所を確認すると、梨状筋への負担が疑われました。

梨状筋とは、お尻の中心の仙骨と、太ももの付け根の大転子と呼ばれる骨を繋ぐ筋肉で、股関節の回旋運動に関与しているため、身体を捻る運動や中腰姿勢で仕事をしたり、長時間のデスクワークでも負担のかかる箇所でもあります。

筋肉は筋などを伝って骨と付着しているため、仙骨や大転子の骨格の歪みが疑われました。
骨格ドックで検査を行うと、仙骨に強い痛みを伴うほどの歪みが生じていて、それにより梨状筋は伸張し、また、負荷がかかり続けることで不調を引き起こしている原因の一つと考えられました。なお、仙骨の歪みの調整により筋肉が緩みやすい環境をつくることで、梨状筋に触れた際の痛みや硬さはだいぶ軽減したご様子でした。

梨状筋自体が硬さや伸張することで、その下を通る坐骨神経にも影響を及ぼし、不調の連鎖を引き起こす恐れもあります。
ただし、そのためには、筋肉を緩めるだけでなく、根本の骨格の歪みを正す解決法が鍵となります。
お心当たりのある方は骨格ドック(検査)で骨格の歪みの検査を行っております。お気軽にご相談ください。

ゴルフなど体を捻じる動作が多い方におすすめコース

骨格調整でスポーツのパフォーマンスも上がります!

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ

タイトルとURLをコピーしました