腰への負担

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は雨。

骨格の歪みは日々の生活習慣が影響することも多いのですが、ここ最近、骨格ドックで検査をする際、腰椎上部に強い歪みが生じている方が多く、共通する生活習慣は座っている時間が長いということです。

腰椎に手を当てるとポコポコと骨の出っ張りを感じる方も多くいらっしゃると思いますが、触れた際に痛みやくすぐったさなどを感じる方は特に骨格の歪みが強く、周りの筋肉はもちろんのこと、姿勢の乱れから内臓や自律神経にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

とはいえ、お仕事等でなかなか変えることのできない習慣もあります。

そこで大事になるのは歪んだ骨格を復元することです。

生活習慣で骨格が歪み不調を引き起こす前に復元する。このサイクルが未病から健康へ導く秘訣です。ぜひ実践ください。

その辺りの手触りでセルフチェック

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ

タイトルとURLをコピーしました