脚の疲労

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れのち曇り。

下肢の不調で多い、ももの外側や腓骨周辺の張りや疲労。これらの症状にも大腿骨や腓骨等、骨格の歪みが影響する可能性があります。

このような歪みの場合、外側の筋肉をより使うようになり、内側の筋肉の働きがおろそかになってしまいます。

下肢内側には内転筋というももの内側の筋肉があります。この筋肉は脚を内側に閉じる際に使われたり、脚の血液やリンパの流れを促したりする大切な筋肉です。

骨格の歪みを整え、体の軸を安定させることは、歩行等の日常生活においても筋肉をバランス良く使うことにつながりますので、部分的な不調改善にもお勧めです。

フットケアのメニューはこちらから

▲年齢を重ね、脚のラインが気になる方にも骨格からのお手入れをお勧めします。

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました