左右の肩の高さの違いと骨格の歪み

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

先日、左右の肩の高さの違いを気にされていたお客様。骨格ドックで検査をすると、肩の高さも肩甲骨の高さも右に比べ左が下がっていました。

いつもカバンを左肩にかけているそうで右では持ちにくいのでどうしても左にかけてしまうとのこと。

肩の高さの違いなどは鏡を見てご自身で気づいているが痛みなどは感じていないのでそのまま放置されることも多い骨格の歪みの一つです。

そのまま放置することで、左右の肩の張りを比べると片側に張りが強く感じられたり、背中の張りや腰の不調を引き起こす原因になり得る歪みの一つでもあります。

骨格の復元はもちろんのこと、歪みにより今後起こり得る不調や、日々の生活習慣の改善などのお話もさせていただいています。

先程のお客様も骨の整体を通じて、肩のたかさが少しでも均等に保てるよう肩への負担が均等にかかるリュックにしようかしらとおっしゃっていました。

▲健康つくりのきっかけに骨の整体

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました