甘いものがやめられない

こんばんは。骨格整体 ボディ&フットケア リ・サンテ の杉原です。

今日の横浜関内は少し寒さもやわらぎ、過ごしやすかったですね。

さて、今日は皆さんも大好き…スイーツのお話し。

私も、甘いものは好きです!が、ほとんどいただきません。

言い換えますと、食べないように意識をしています、ということです。

脳は、甘いものを心地良いと感じるけれども、

腸には嫌われる。

脳と腸の関係は?

自然療法にもお詳しい、医学博士の石原結實(いしはらゆうみ)先生によると、食事の指導をしているクリニックに患者さんより、チョコレートなどのいただきものをして、

甘いものに目がない先生が、捨ててしまうのがもったいないので一つだけ食べてみると、じつにおいしくて、

今日は、ここの一列だけ食べようと思い食べはじめるとやめられず、

ついでだからと一箱食べてしまう。

すると数時間後には下痢をされてしまうそうです。(いわゆる、水毒症状と言われます)

そして、「甘いもの」は体を冷やすのだと実感されるそうです。

甘いのがやめられなくても、意識してみるのから始めては?

寒い今の時期から。

タイトルとURLをコピーしました