首や肩こり、背中の不調の原因となる骨格を整えると小円筋が緩まります

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの志磨村です。ここカトレヤプラザ伊勢佐木がある横浜関内の本日のお天気は晴れ。

先日の事になりますが、リ・サンテにいらっしゃったお客様の中で、首、肩、背中が痛いとおっしゃる主訴をお持ちの方がたまたま複数名いらっしゃいました。
7本ある脛椎、12本ある胸椎の歪みの箇所を一つ一つ整えたのち、開いてしまっていた肩甲骨を内側に寄せ、首の頸椎や胸椎の歪みを調整したのち、首や肩、背中等の筋肉をプロ用マッサージ機で緩めました。

なお、どのお客様に共通していたのが、固い肩甲骨周りの筋肉のほかにも、腕の付け根にある、小円筋(しょうえんきん)と呼ばれる箇所の痛みを訴えられていた事です。この部分が硬いと、肩関節の動きが悪くなり、いわゆる五十肩や四十肩等と言われる症状を引き起こしやすく、その原因としては、パソコン作業等のデスクワークによるケースは多いのです。

不調とは、さまざまな生活習慣が要因となる場合が多く、日頃の生活に合わせたケアが何よりも大切となります。まずはしっかりと、ずれて歪んでしまった骨を整えてあげることが、不調解決への近道に繋がります。どうぞお気軽にご相談いただければと思います。
パソコン作業やデスクワークによる首、肩、背中の痛みには、骨格の歪みを調整する骨格調整メニューをおすすめいたします。メニューはこちらからご覧ください。

まずはしっかりと骨の位置を元通りに整える事をおすすめいたします!

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ