肩甲骨や胸椎の歪みが腕の重だるさ、しびれに?根本の骨格から整えましょう

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

まだまだ寒い日が続いていますが、ふと気がつくと背中を丸めて、無意識に肩に力を入れていることはありませんか?

背中を丸める姿勢が続くと、肩が内巻き(内旋)するだけではなく、肩甲骨が外側へ引っ張られます。この歪みを放っておくと、いずれ腕のだる重さや腕から手先にかけてしびれが出るおそれがあります。

腕を動かした際、肩甲骨周りに違和感を感じる方、腕の可動域が狭いと感じる方は、肩甲骨や胸椎上部が歪んでいる可能性が考えられます。

歪みがある状態に、この時期の寒さが加わることで、より筋肉も硬くなり、血液の流れが悪くなることで、特に不調が出やすくなります。

筋肉は骨格に付いているため、根本の骨格から正しい位置へ戻すと、筋肉が緩まっている実感を直ぐに実感して頂けるのが骨格整体の特徴でもあります。

無意識に肩に力が入っている方は徐々に骨格が歪み始めているかも知れません。気になることがある方はお気軽にご相談ください。

肩甲骨周りの違和感、腕の可動域の狭さが気になる方におすすめ骨格整体

体の変化をすぐに実感して頂けます!

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ

タイトルとURLをコピーしました