肩の内旋と骨格の歪み

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

定期的にご利用のお客様、肩周辺の骨格調整をしていた際、可動域が広く動きがスムーズだったので、まめにストレッチなどされているのか伺うと、ご自身で心がけていることがあるとおっしゃっていました。

以前は仰向けで寝る際、両肩が浮いている状態だったが、リ・サンテで骨格を整えるようになってから肩が浮かずにペタッとつくようになりこの状態をキープできるように定期的なお手入れとご自身でもストレッチを続けているそうです。

仰向けで寝る際、肩が浮いてしまう状態は上腕骨が内旋し肩甲骨等も歪んでいる可能性があります。このような歪みが続くことで、肩周辺の可動域が制限されたり首から肩、肩甲骨にかけ筋肉も凝り固まり不調の引き金になります。

骨格を整えることを通じて、お客様自身が健康をつくる習慣につながることを嬉しく思いました。

▲健康つくりにつながる骨の整体

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました