骨格を整え内臓の機能を高める

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

一月の行事食には、長寿を願う縁起物や無病息災を願うもの、胃腸を労るものなど様々な意味が込められています。

皆様も願いを込め実践された行事食があるかと思います。

私も、普段の食生活とは少し違う日常に、七草粥で疲れた胃腸を休める意味を込め実践しました。

食生活でも内臓に負担がかかりやすい時期ですが、冬の寒さは猫背や肩の内旋等、慢性的な歪んだ姿勢により、内臓の働きも低下しやすい時期です。

そのような時こそ内臓の働きを高める骨格の調整をお勧めしています。内旋した肩の骨頭や肋骨を復元することで、すっと伸びた背筋の状態を実感いただけると共に内臓が正しい位置に近づくことで働きが高まります。

根本の骨格から復元することで、即効性と持続性を実感いただけます。ぜひお試しください。

▲猫背の姿勢は見た目だけでなく内臓にもマイナスの影響があります。

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました