痛みはないが気になる身体の可動域

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

先日のお客様、身体の柔軟性はあるが若い頃から背中を丸めることができないのがお悩みで改善できるかとご相談がありました。

ご自身では痛みは感じてなく、生活にもそこまで支障はきたさないので特に気にはしていなかったが、骨格調整と聞いて相談してみようと思ったそうです。

首から腰までをつなぐ背骨はなだらかにS字カーブを描き私たちの身体へかかる衝撃を吸収し脳を守る役割や背中の筋肉に負担をかけないような役割を担っています。

また、神経の伝達にも重要な役割を果たしているのでS字カーブが乱れ骨格が歪むことで内臓の機能が低下する恐れもあります。

周辺の筋肉の柔軟性が高まることでも可動域に変化は生まれますが、根本の骨格から本来のカーブを描くよう復元することで即効性や持続性を実感いただくことができます。

先程のお客様も骨格の復元により可動域の変化を実感されていました。

痛みがないとはいえ健康をつくるうえで骨格を復元することはとても大切なことです。

▲痛みがなくても気になることはお気軽にご相談ください

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました