背中の痛みと臓器の不調

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

数日続く背中や腰の痛み、内臓の不調が影響することがあることをご存知でしょうか。

先日のお客様、左胸椎下部、腰椎上部周辺の骨格調整を行う際、周辺の筋肉にだいぶハリがありました。

内臓に異変が生じると、体の表面の特定の部位に痛みや押される時に強い痛みが生じることがあります。

先程のお客様の痛みの箇所は、腎臓の不調と関連する箇所でした。

痛みの原因の一つに臓器の不調も影響することをお伝えすると、ここ数日、塩分を取りすぎているとおっしゃっていました。

塩分や肉魚などのたんぱく質過多の食生活は腎臓に負担をかけます。また、腎臓は血液の老廃物を除去する働きをする臓器で、正常に働かなくなると尿が出にくくなり、体内に毒素がたまり尿毒症を引き起こすことも。

腎臓は肝臓とともに自覚症状に気付きにくく、沈黙の臓器ともいわれています。

体の内側からの健康づくりにも効果が期待できる骨格調整です。骨格の歪みを調整することで、臓器の働きを活性化することにもつながります。

▲体の内側からの健康にも働きかける骨格整

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました