206個の骨の歪みと骨格の姿勢で不調の原因をみつける

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの杉原です。本日の横浜関内のお天気は快晴。一週間の始まりに、さわやかな青空が広がっています。

体の痛みや重さ・だるさ等「不調が続いている」という方、いらっしゃいませんか?

一般的に行われている検査は疾病発見を目的としているため、
根本的な解決に繋がらないことが少なくありません。
骨に異常がないと言われても、不調を抱えているままの状態です。

5日以上続く不調は、骨や骨格の歪みを疑ってください。


206個ある全身の骨の1mm以下の微小な歪みを見つけ、
不調の原因を明らかにする検査「骨格ドック」は、
体への負担も一切ありません。

肩甲骨の高さ、骨盤、背骨の形状(弯曲)、下肢の長さ、
頚椎、肩甲骨、腰椎、股関節、ひざ、肘、手首の動き、
全身(首、肩、背中、腰、臀部(でんぶ)すべてを検査していきます。そして、
お体の状態をご説明するのが「骨格ドック」です。

心身共に快適で健康な状態になるよう、メンテナンスをしていきましょう!

自分の体はどうなっている?はコチラ

▲お体について、何か気になる事はありますか?
タイトルとURLをコピーしました