側弯

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテの平野です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

先日のお客様、かばんを肩から掛ける際に右側にかけるとすぐに落ちてしまうので左側に掛けることが多いとのお話しがありました。

骨格ドックで検査を受けて頂くと背骨が左側弯になっており、右肩が下がり右骨盤は上がっている歪みをされていました。

ご本人に歪みをお伝えすると、歪みの自覚があまり無かったのか驚かれている様子だったので、体を左右に傾けていただき、「傾けやすい」「傾けにくい」の左右差を比べて頂き、歪みを実感していただけました。

左側弯の場合、体は自然と右に傾いてしまいます。ご自身で動かしても体を右に倒した方が行きやすさを感じます。

特に痛みを感じていなくても、そのままにしておけばそのうち肩や首のコリ、背中の痛みにつながることがあります。

痛みも無いし大丈夫と思っていても、日々の生活習慣で骨は歪むものです。お身体で少しでも気になることがあれば骨格ドック(検査)も活用してください。 

初めての方におすすめ、骨格ドック

体を左右に倒すと、左右差があるかもしれません。

骨格ドック 骨格整体 リ・サンテ

タイトルとURLをコピーしました