体温が健康のバロメーター

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

新型コロナウイルス感染防止対策として、お客様に検温をさせていただく際、体温をお伝えすると、ご自身の体温の低さに驚かれる方もしばしば。

一般的に体温が36℃以下の方は低体温と言われ、身体が冷えて血流が悪く、自律神経失調症やアレルギー症状などの不調を引き起こす恐れもあります。

また、1℃体温が低下すると免疫力は30%低下するとも言われているので、様々なウイルス対策においても体温を上げることはとても重要です。

体温を上げる効果もある骨格整体。施術後のお客様も身体が熱くなってきた。足先まで血が巡っているなどの声も多く聞かれます。

今年は、インフルエンザウイルスが猛威を振るうのではということも話題になっています。体温を上げる習慣を心がけください。

▲体を内側から温める骨格整体

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました