夏場の水分摂取

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

夏を上手に過ごすうえで欠かせないこまめな水分補給。

私たちの体内の水分の割合は60~70%、乳幼児期は80%を占めると言われています。

体内の水分が少なくなると血液濃度が高まり流れが悪くなり、脳梗塞や心筋梗塞といった健康障害にもつながります。

先日のお客様も、日中出かける際は、塩分やミネラルの入ったタブレットと水分を摂取してから外出するとおっしゃっていました。

私自身、リフレッシュを兼ね日に数回コーヒーを飲んでいますが、コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを多く含む飲料は利尿作用があり、飲んだ分以上の水分が体から出てしまうので、意識して水も一緒に飲むようにしています。

また、一度の大量に摂取すると胃液や腸の消化液が薄まったり、水分量の調整をしている腎臓に負担がかかりむくみの原因になるので、健康のためにもこまめな摂取を心がけください。

▲水分をきちんと摂取することは健康をつくるうえでとても大切なことです。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました