今日は立秋

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの鈴樹です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

今回は立秋のお話し。夏の土用が終わり、今日は立秋です。立秋とは二十四節気のひとつで、毎年8月7日頃~8月22日頃にあたり、夏から秋への変わり目の時。ですが実際はめちゃくちゃ暑い時期と言ってもいいくらい、暑さがピークに達する頃です。

暦のうえでは立秋から秋に入るので、テレビやラジオから「今日は立秋です。暦のうえでは秋になりましたね。ですが……」や「立秋を過ぎ、残暑が厳しいですね。」などを耳にすることが多くなるかも。立秋を過ぎたら、ちょっとした挨拶も「毎日暑いですね。」より「毎日残暑が厳しいですね」と変えるだけで、季節の移り変わりを感じられると思います。お手紙も同じです。夏の暑い頃は「暑中お見舞い申し上げます」でしたが、立秋を境に、
残暑の中での体調を気遣うような「残暑お見舞い申し上げます」に変わるので気をつけましょうね。

立秋を過ぎてもまだまだ夏!
水分の多いキュウリやトマトやスイカ。からだの熱をとると考えられている麦。麦茶や冷麦や素麺などを食べて、残暑を乗り切りましょう。

台風も接近しています。命を守る行動を。

▲ある日の夏空

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました