生活習慣が影響する骨格の歪み

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は雨。

膝の不調で来店のお客様、骨格ドックで検査をすると脛骨と腓骨に歪みが生じ、小指側へ重心がかかっていました。

元は歪みのない骨格ですが、生活習慣等が影響してバランスが崩れ次第に不調を引き起こす原因になります。

先程のお客様のように、骨格の歪みから外側に重心がかかる生活習慣が続くと、膝に慢性的な負担がかかるだけでなく、むくみや疲労等歩行にも影響を与えます。

骨格を整え、普段の生活習慣で出来る限り歪みを最小限に抑えるための、立ち方や歩く際に意識して欲しいポイントをお伝えしたところ、今までより楽になってきたとおっしゃっていました。

▲慢性的な足の重だるさこそ、根本の骨格改善を

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました