座り方とぽっこりお腹改善

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

通称、ぽっこりお腹と言われる下腹部周りの体型を気にされ、普段から下腹部に力を入れて立つように心がけているとお話されていたお客様、座る時は特に意識していないとおっしゃっていたので、座る時の対策をお話しさせていただきました。皆様にも参考にしていただければと思います。

座る時、背もたれに寄りかかり、腰がくの字に曲がるような体勢になると骨盤が後ろに倒れ骨盤も開き、内臓も下がることでより下腹部ポッコリが助長されてしまいます。

座る時も下腹部に力が入りやすい体勢は、座面に坐骨を刺すように意識することです。

この座り方ですと、骨盤が後ろに倒れ腸骨周辺の筋肉の負担軽減にもつながります。

おうち時間の健康習慣にぜひ取り入れ、GW期間も快適にお過ごしいただければと思います。

▲息を吐きなが下腹部を意識すると力が入りやすいです。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました