脚の健康を保つ習慣

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

本日は、私自身が最近意識している健康習慣のお話。

先日、脚のパーツモデル(体の一部分だけの美しさを特徴として用いられるモデル)をされている方の日常を特集していた番組内で、ラインの美しさを維持するために重心が乱れないよう立ち姿勢も凄く意識していらっしゃいました。

横座りや足を組むなど骨盤が歪むような生活習慣や筋肉の衰えから私たちの体は外側へ重心がかかります。このような習慣が、後々直立した際膝が開き脚のラインが曲がり膝の痛みやむくみを起こす原因になります。

立つ際は、くるぶし、膝、腿を中心へぎゅっと寄せ合うようイメージします。下腹部や臀部に力を入れるとより中心へ寄せ合う力が入りやすくなります。私も台所に立つ時、歯を磨く時など今まで以上に意識して行っています。また座る時は膝が開かないよう膝を閉じ座るようにしています。こうすることで衰えがちな内転筋も鍛えられます。

ガニ股歩きで、脚の外側が張りやすい男性にもお勧めです。身近に出来る生活習慣としてぜひ取り入れてみてください。

▲少しの意識がキレイな骨格へ導きます。

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました