ハレ(祝祭)とケ(日常)の過ごし方

こんにちは、骨格整体 ボディ&フットケア リ・サンテの山崎です。 

今日の横浜・関内は晴れていて気持ちがいいですね。

ホワイトクリスマスにはなりませんが、過ごしやすくていいのかもしれません。

クリスマスと言えば皆さんはチキンやケーキなど、美味しいものをたくさん召し上がると思いますが、卵や乳製品はもともと日本人があまり摂取してこなかった食材です。

なのでアレルゲンの一部であったり、あまり摂り過ぎるとボタンのかけ違いのように日本人の体質にはあまり合わないこともあるそうです。

ならば何なら合うのでしょうか。

マクロビオティックの考え方によると、日本人が昔から食べてきたもの、米・味噌・野菜等を一物全体で食べること。つまり米なら白米ではなく玄米、調味料(特に砂糖)は精製していないもの、野菜は皮を剥かずに全体をいただくということです。

今夜はごちそうを召し上がる方も多いかと思いますが、粗食をキーワードに過ごす日があってもいいかもしれませんよ。

とはいえ、我慢しすぎるのも体に毒、ストレスになってしまいますからね、ほどほどに。

食べ物もハレ(祝祭)とケ(日常)、オンとオフの切り替えが大事なのかもしれません。

骨格整体ボディ&フットケア リ・サンテ
 https://www.resante.jp/

タイトルとURLをコピーしました