腰椎が反りすぎて起きる不調

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

腰の不調で来店されたお客様、お話を伺うと長時間座っていると立つ時に腰が固まってしまう感覚と重だるい症状があるとのことでした。

骨格ドックで検査をすると、腰椎のカーブが反りすぎている骨格の歪みが見受けられました。

骨盤から頭蓋骨をつなぐ背骨は、首の部分は頸椎、胸の部分は胸椎、腰の部分は腰椎といい、本来、頸椎は前に、胸椎は後ろに、腰椎は前にゆるやかに弯曲し全体的にS字カーブを描く姿勢が体に負担をかけず望ましいとされています。

先程のお客様は、仰向けに寝ていると、腰と寝具の間に隙間ができてしまうとのことでした。

腰椎が過度にカーブすることで、ブリッジをしているような状態になり、背面の筋肉に過度な負荷がかり不調を招く引き金になります。

仰向けに寝た際、手のひらが腰をスッと通る方は腰椎が反りすぎ筋肉へ過度な負担がかかり腰の不調を招く恐れがあります。

以前よりリモートワークの方も増え、長時間のデスクワーク等で症状が悪化する方少なくありません。

気になる症状等お気軽にご相談ください。

▲なだらかなS字カーブ

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました