さつまいもの健康効果

骨格整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は晴れ。

先日、地域のお芋掘りに参加しました。天候にも恵まれ、久しぶりに土の匂いを肌で感じるひとときでした。

そこで、本日は秋の味覚「さつまいも」の健康効果のお話。

さつまいもを切ると、断面から白いミルクのような液体が滲み出ますが、気にされたことはありますか?

あの液体は「ヤラピン」と呼ばれ、さつまいもにしか含まれない特有の成分で、胃の粘膜を保護したり排便をスムーズにする効果が期待できると言われています。

特に、さつまいもの皮にはヤラピンが多く含まれているので、繊維質の効果を期待して食す際はきれいに洗って皮ごと食べることがお勧めです。

さつまいもに限らず、多くの野菜や果物は皮と身の間に多くの栄養が含まれていると言われています。

無駄なく食材をおいしく活用し「食欲の秋」を楽しみいただければと思います。

▲食欲の秋

骨格整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました