可動域の差は歪みのサイン

骨の整体 骨格ドック リ・サンテの畑山です。本日の横浜関内のお天気は曇り。

先日のお客様、腰を前後に曲げ伸ばしする際、前に倒す時に可動域が制限され腰椎下部に痛みがあるとのことでした。骨格ドックで検査をすると腰椎、仙骨に歪みが生じ僅かに腰椎が反り気味の状態でした。歪んだ部分を調整し再度体を前後に動かしていただくと、どちらに動かしても違和感なく痛みも感じないとのことでした。

生活習慣で姿勢等のバランスが崩れることで体の可動域にも影響を及ぼします。

楽な姿勢=歪んだ姿勢

歪みが長期間続き筋肉に過度の負担がかかることで次第に不調を引き起こします。

左右前後の可動域の違いは歪みのサインと認識に、根本の骨格の歪みを整え過度な負担を軽減して快適な生活をお過ごしください。

▲持続性と即効性が特徴の骨格整体です

骨の整体 骨格ドック リ・サンテ

リ・サンテ
横浜関内の整体。肩こり、腰痛、姿勢、骨盤。どの整体が良いのかわからない方、骨格ドック(検査)無料。つらい肩こり、腰痛ご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました